【読書初心者向け】今年から読書を始めた僕のオススメ本5選!

本その他

どうも。あう(@shibafu_aoi)です。

僕は今年から読書を始め、月に3冊以上読むようにしています。

読書は単純な知識だけでなく、文章の書き方や物事の考え方を得られるので、非常に有意義で、満足感が高い趣味です。

そこで今回は、今年から読書を始めた僕が良いと思った本を5冊ピックアップして紹介します!

できる限り読みやすい本(200~300ページくらい)を選んでいるので、これから読書を始めたいという方にオススメです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

良いと思った本5選!

内向型人間だからうまくいく

以下のような方にオススメの本です!

この本がオススメの人

・家でゆっくりするのが好き

・深く物事を考えがち

・普段はあまり話さないが、興味のあることになるとよく話す

・静かで落ち着いていると言われがち

上記のような特徴がある方は内向型人間である可能性があります。

現代では外に出て積極的に活動するような人(外向型人間)がもてはやされ、内向型人間の方は生きづらさを感じているかもしれません。

この本ではそんな内向型人間の生きづらさを解消してくれるヒントがたくさん書いてあります。

いわば、内向型人間の取扱説明書のような本です。

僕もかなりの内向型人間ですが、この本を読んで自己理解が深まり、やりたいことや伸ばすべき長所を明確に出来ました。

自分が内向型人間だと思う方には絶対読んで欲しい本です!

ちなみに、内向型人間の方は株式投資向いてると思うので一度やってみても良いと思います。(冷静な判断力、生活のコストが低い、資産を買う満足感の高さ)

1%の努力

読むと人生が楽になる本。

知らず知らずにとらわれている価値観をエッグスタンドとする表現(あってもなくても良いもの)が独特で印象深いです。

仕事の選び方の部分は就活生の方に一読して欲しい内容で、好きなものを仕事にする具体的な方法が分かります。

自分は凡人だと自覚したときに読むと、よりよい方向に人生が向かうのではないかと思います。

何もかも手に入れることだけが幸せではないと気づくことが出来る一冊。

1%の努力 [ ひろゆき ]
楽天ブックス
¥ 1,650(2021/08/30 14:37時点)

働く君に伝えたい「お金」の教養

働く人が知っておくべきお金の知識が幅広く身につく本。

特に印象に残っているのが年金の部分で

年金は未来への積立ではなく、親や祖父母への仕送りの代行」という考え方に非常に感銘を受けました。

年金、保険、投資、貯金とお金に関することが全部詰まった本です。

これを読むだけで、日本で生きて行く分には困らないお金の知識が身につくのではないかと思います。

タイトルの通り「お金の教養」ですね。

嫌われる勇気

一時ものすごく流行ったのでご存じの方も多いと思います。

他人ではなく自分を変えるということに焦点を当てている本ではないかと思います。

気の持ちようで世界の見え方が変わるということが、分かりやすく書いてあり、読むと心が楽になります。

人間関係で悩みを抱える方はきっと前向きになれるのでオススメです!

入社1年目の教科書

これは僕が入社1年目なので読みました。(笑)

この本では新入社員が気をつけるべきポイントややるべきことについて書かれており、筆者の実体験もあるため分かりやすいです。

特に、頼まれた仕事は必ずやりきる、50%の完成度でいいから出すなどは参考になりました。

新入社員なら必読の内容です!

入社1年目の教科書 [ 岩瀬大輔 ]
楽天ブックス
¥ 1,571(2021/05/16 08:50時点)

まとめ

今回は読書初心者の方向けの本を5つピックアップしてみました。

この中からあなたに会った本が見つかることを祈っています。

それでは。

その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました