キャッシュレス決済の便利な使い方を解説!!

お金

こんにちは!あう(@shibafu_aoi)です。

僕は、数年前にApple Payを利用し始めてから、ほとんどの支払いをキャッシュレスで行っています。

あう
あう

今年は片手で数えられるほどしか、現金を使っていません。

というわけで今回は、それぞれのキャッシュレス決済の特徴とメリットデメリットを解説します。

この記事のポイント

・キャッシュレス決済の種類や特徴

・キャッシュレスのメリット

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャッシュレス決済のメリット

キャッシュレス決済を利用するメリットは以下の3つです。

決済の時間が短くすむ

一番はこれですね。わざわざ財布を出さなくても、スマホでピッとやるだけで決済が出来ます。

財布を出さなくて良いので、時間もかかりませんし現金に触らないので衛生面でも安心です。

ポイントが貯まる

キャッシュレス決済を利用するとポイントが貯まります。

ちなみに、僕が普段利用している楽天ゴールドカードでは利用額100円ごとに1ポイントつきます。

楽天ポイントは、かなり使えるお店が多いのでほぼ現金と同じ感覚ですね。

管理がしやすい

よくキャッシュレスは使いすぎが心配といった声がありますが、現金でいくら使ったか分からない方が、よっぽど使いすぎませんか。

キャッシュレス決済は何にいくら使ったか分かる上、上限金額の設定まで出来ます。

このような考え方を持つ人はきっとこういう経験があるのでは無いでしょうか。

親

クレジットカードは使いすぎが心配。昔、買い物しすぎて失敗してね・・・

なんて言われたことあると思いますが、当時は月一回の利用額通知書でしか金額を把握できなかったため条件が違いますよね。

紛失しても補償がきく

クレジットカードは多くの場合盗難保障がついています。

現金は落としたら誰のものか分からないですし、運良く戻ってくることを期待するだけになります。

デメリット

ちなみにキャッシュレス決済のデメリットは見当たりません

決済が早くて、管理がしやすくて、ポイントが貯まるんですよ。

強いて挙げるなら、カード会社に購買情報が漏れることですが、情報化社会の現代でそんなことを気にする理由が不明です。

そんなこと言い出したら大概のサービスが使えなくなります。

実際に利用しているキャッシュレス

僕が利用しているキャッシュレス決済は以下のものです。

クレジットカード

まあ、まずはこれですよね。ちなみに、僕は楽天ゴールドカードを利用しています。(楽天市場でポイントがかなりつくので)

クレジットカード自体ではなく、ネット決済やキャッシュレス決済に紐付けして利用する形ですね。

Apple Pay

iPhoneだとApple Payでクレジットカードを登録でき、かざすだけで決済が出来るようになります。

ちなみに、僕のApple Payの画面はこんな感じです。

クレジットカードとSuicaのみ入れています。

クレジットカードの使い方としては「QUICPayで」とつたえて読み取り機にかざし、指紋もしくは顔認証するだけです。

Suicaも基本は同じですが、「設定」→「WalletとApple Pay」→「エクスプレスカード」でONにすると認証が不要になります。

公共交通機関を利用するならばエクスプレスカードの設定をしておいた方が良いでしょう。

Apple PayでSuicaとクレジットカードを入れておくとチャージがスマホで出来るので、びっくりするくらい楽になります。

ちなみに、iPhoneXS以降の機種では充電が切れてもSuicaが利用できるようになっているため、安心感が増しています。

QRコード決済

最近流行の決済方法。QRコードを見せ読み取ってもらいます。

Apple Payより時間がかかるのであまり好きではありませんが、対応している店が多いので利用しています。

キャンペーンが多いのも特徴ですね。

まとめ

・キャッシュレス決済は使わない理由がない

・Apple PayはSuicaにチャージが出来て便利

・クレジットカードは管理がしやすい

以上です。いかがだったでしょうか。

現在コロナが流行っている状況を考えると衛生的にも、キャッシュレスは絶対やった方が良いです。

最初の一歩踏み出すのに勇気がいりますが、使い始めると今までやらなかったことを間違いなく後悔します。

特にSuicaはApple Payに入れて、チャージがスマホで完結するようになるとで本当に世界が変わりますよ

この経験をする方が一人でも多くなることを祈っています。

それでは。

お金その他
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました