【漢字の知識が身につく】漢検2級の体験記

資格

こんにちは!あう(@shibafu_aoi)です。

僕は高校3年生の時に漢検2級を取得しました。そのときの経験と勉強法などをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

漢検2級の概要

正しくは日本漢字能力検定2級といいます。年3回(2月、6月、10月)試験があり、200点満点中80%で合格となります。検定の申し込みは、以下のような方法があります。

インターネット        

携帯電話 

※インターネットと携帯電話の場合の支払いはクレジットカード、銀行振り込み(ネットバンキングも可)などがあります。

コンビニエンスストア 「Loppi」などで申し込み、店舗のカウンターで支払い。

書店 書店で検定料を支払い願書と書店払込証書を郵送する。

また、学校にて、集団で申し込みが可能なケースもあります。

申し込み後、検定日の1週間前までに受験票が郵送されてきます。

※もし届かないときは 0120ー509ー315に電話をかけましょう。

当日の持ち物は受験票、鉛筆(HB、B、2B、シャープペンシルも可)、消しゴムです。

使用した教材

使用した教材は「漢検2級 漢字学習ステップ」です。

書店でよく見るあれですね。出題される漢字が一通り掲載されており、よく出題される問題も、きちんとまとめられていて非常に使いやすいです。

問題の例

以下に問題の例を挙げます。(太字が問題

読み

①名誉を毀損する。

②肩を脱臼する。

書き

ケイコをつけてもらう。

④多くの子会社をサンカに持つ。

四字熟語

リュウトウダビ

ジジョウジバク

答え

①キソン ②ダッキュウ ③稽古 ④傘下 ⑤竜頭蛇尾 ⑥自縄自縛

体験記

申し込みは高校の集団募集で行い、200点満点中175点ほどで合格しました。

受験時のスペックとしては、偏差値50程度の学校の定期テストで、漢字の問題が出たときに、ほぼ満点がとれるレベルで、比較的漢字が得意な方だったと思います。

勉強法としては上記で紹介したテキストを一通り書き込み、テキストの終わりの部分についている模試形式の問題を1回やりました。

単純な読み書きの問題は日常でよく見るものばかりであるため、それほど苦労しないと思います。

ただし、部首の問題は多少癖があり、普段意識しないポイントであるため「えっ、それが部首なの」となることが多々ありました。

また、四字熟語に関しては日常で見るような問題はほとんどなく、体感で3割ほどしか知っているものはなかったです。

しかし、四字熟語は本番の試験で、2文字ある状態での穴埋め方式で出題されるため、得意な人であれば、半分くらいはフィーリングで答えられるのではないかなと思います。

まとめ

試験は年3回あり、学生であれば学校で集団受験することが可能なことが多いです。

漢検2級を取得するメリットは、履歴書の特技欄に書くことができる点が挙げられます。(できれば、ほかの特技を書いた方が面接時に話が広がるので、積極的には勧めませんが・・・)

もし、漢字が得意であるならば、あまり苦労せず取得可能であるため、履歴書に書けるような特技がないのなら、挑戦してみることをおすすめします。

ここまで読んでいただきありがとうございました!漢検2級の試験頑張ってくださいね。

それでは!

資格
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました