【資格でガクチカ、自己PR】資格は新卒就活で有利?9個資格を取って就活をした体験記!

学生向け

こんにちは。あう(@shibafu_aoi)です。

就活中の人は、資格は就活で有利なんて聞いたことがあるのではないでしょうか。

その一方で、資格は無意味との声もあります。

そこで今回は、新卒の就活において資格が役に立つのかを、大学時代に9つ資格を取って就活をした僕の経験からお伝えしたいと思います。

当時、僕が持っていた資格一覧は次の記事にまとめてあります。

ポイント

・資格で一発逆転は出来ない

・資格そのものではなく、その経験で自己PRやガクチカを書く

・履歴書でのアピールの仕方

スポンサーリンク
スポンサーリンク

結論

資格そのものが新卒就活において有利になることはほとんどありません!

というか、もし必要な資格であれば募集要項に書いてあります。

しかし、資格を取得した経験は武器になります。上手に利用しましょう!

ただし、会社によっては自動車免許がないとダメな場合があります。時間のある大学生のうちに合宿免許などで取ってしまった方が良いでしょう。

ちなみに、日本で一番就活で有利な資格は、大卒の新卒です。

資格を武器にする方法

資格はただ取っただけでは、意味があまりありませんが、その経験を元にガクチカや自己PRを書くことが出来ます。

現に僕は就職活動で、資格を取得した経験を元にガクチカ(学生時代頑張ったこと)を書いていました。

たまに、学業や資格などの内容は評価されないといった意見もありますが、ちゃんと内定もらえるので大丈夫です。

ガクチカや自己PRは経験した物事の内容や大小ではなく、その経験から学んだことや、身についた力が、きちんとした日本語で書かれていることが重要です。

※ただし、学業や資格の内容しか書いていないと、それ以外の活動を面接で聞かれることがあります。1回でいいのでボランティアなどやっておきましょう。

資格でガクチカを書くコツ

資格を用いたガクチカや自己PRの書き方のポイントを以下に示します。

資格を履歴書に書きたい方は参考にしてみてください。これに沿って、当てはめていけば書くことができると思います。()内は僕の履歴書の内容です。

ガクチカの書き方のポイント

・どのような想いで資格取得に励んだか

(例:工学系の資格を取ることで進路を広げられると思ったから)

・苦労した点

(例:学業との両立、課題のレポートが多い)

・工夫した点

(例:空いた時間の有効活用で、忙しい時間の穴埋め)

・結果

(例:~個の資格を取得できました。 ~の資格を取得できました)

・どのような力を得たか

(計画性、時間の管理の大切さを学んだ)

資格で自己PRを書く

今度は資格で自己PRを書く例を示します。()内は例です。

※僕は自己PRでは違う内容を書いていたので、実際に使用したものではありません。

自己PR

・どのような力があるか

(例:継続力)

・その力に関連する経験談(この場合は資格ですね)

(例:資格の勉強を毎日1時間)

・苦労した点

(学校が忙しい、レポート、時間が足らず不合格になった)

・工夫した点

(空いた時間の活用、周囲の合格者に話を聞く)

・結果

(合格しました)

・結論

(例:この力を生かして、貴社の~に貢献します)

ESとガクチカを実際に書く

ここまで読んで自己PRとガクチカを書くことが出来た人は、オファー型の就活サイトに載せて、オファーが来るのを待ってみるといいかもしれません。

僕自身、就職活動の際「キミスカ」と「オファーボックス」の2つのサイトを利用し、オファーが来た会社だけで2社内定を取ることが出来ました。

キミスカの登録はこちらから!

まとめ

・資格そのものが就活を有利にするわけではない

日本で一番就職しやすい資格は大卒の新卒

・しかし、ガクチカや自己PRに経験した内容を書くことができる

・履歴書に学業の内容しかないと、面接でそれ以外の活動を聞かれることがある。

※僕の体験談です(このときは1回参加したボランティアで逃げ切りました)

以上です。ここまで読んでいただきありがとうございました!

就職活動の情報は多くありすぎて迷うと思いますが、自分に合う情報を選んで、悔いのないように精一杯努力してください。

今はYouTubeで、優良な情報を発信している方もいます。そのような方を参考にしてもいいかもしれません。(怪しい情報も多いので注意が必要ですが)

それでは!

学生向け
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました