【資格マニア】資格試験受験時にやっていること一覧!

資格

こんにちは!資格マニアのあう(@shibafu_aoi)です。

僕はこれまで、工学系資格を中心に様々な資格を取得してきました。資格の勉強をする際に、毎回必ず取り組んでいることがあります。

そこで今回は、資格の勉強をする際に意識してやっていることを自分の経験からまとめていきます!

保有資格は以下の記事からどうぞ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

最新の過去問を勉強を始める前に解く

資格の勉強を始める前に、最新の過去問を一通り解きます。

何も分からない状態で解くので、おそらく全く出来ないと思いますし、現に僕も毎回ほとんど出来ません。(笑)

※ただし、簿記のような特殊な資格はこれをやるのは不可能です。択一式の資格試験のみにしましょう。

これをやる理由としては、以下の3つです。

難易度の確認

世間で言われる難易度と自分の感じる難易度は違います。今まで勉強してきた分野、得意や苦手などで変わってしまうからです。

また、資格によっては問題の言い回しや文章の長さ、選択肢の複雑さなどが大きく異なるため、その確認の意味合いもあります。

出来る箇所を発見する

人によっては、過去の経験から出来る分野があるかもしれません。そのような分野は、勉強時間を少なくして効率化を図ることが出来ます。

本番でも重要な得点源になり得るので、出来る問題を確認しましょう。

勉強の進捗の確認

最初に問題を解いておくと、勉強を進めた時に「あの問題あったなー」となり面白いです。(笑)

これが案外楽しくてモチベーションの維持につながります。長期間勉強が必要な資格試験は、モチベーションの維持が課題になるため、効果が大きいです。

体験記を調べる

合格している方の体験記を調べると、以下のことが分かります。

申し込み方法

資格試験によって申し込み方法は全然違います。

申し込み方法が複雑な資格は、体験記でイメージしながらやるほうが間違いが無く出来ます。

勉強方法

体験記には、使用した教材や勉強法が書いてあります。

とくに、教材に関しては「これを使って合格した人がいる」ということが分かるため、教材を信じて取り組みやすくなります。

このブログにある体験記の記事

宣伝です。(笑)

合格した資格を以下の記事で紹介しているので、もし良かったら見ていただけるとうれしいです。

問題集を解く

これが一番大事ですね。(笑)

最近はネットで簡単に購入できますが、問題集にも相性があるので、出来るだけ本屋さんで内容を確認しています。以下に選ぶ際のポイントをまとめます。

選ぶ際のポイント

・解説が自分のレベルに合っているか(簡単な本はページが多い、難しい本は理解できない)

・問題が十分に掲載されているか(ある程度の難易度までの資格であれば過去問で十分対応できるため)

試験会場への行き方を調べる

いくら勉強していっても、当日会場に行かなければ意味がありません

試験会場は基本的に2パターンで「試験を管轄する団体の建物」か「大学」のどちらかです。

特に大学の場合、似たような名前であったり、複数のキャンパスがあったり間違えるポイントが多いため、前日までには必ず調べましょう。

試験当日・・・

試験当日は、ノートとテキストを持って行き、1点でも多く取れるように、ギリギリまで確認します。

ついでに、周囲の人の問題集を確認して楽しむのも良いです。(笑)

試験中は出来る問題から取りかかり、分からない問題はマークだけつけて、最後に解き直すようにすると、回答欄のズレや無回答を避けられるためオススメです。

また、どの資格試験でも1分だけぼーっとする時間をあえて作っています。力を抜くと思い出すことがあるためです。

僕の経験則ですが、見直しして解答を直したときの正答率は3割くらいで、最初に書いた解答があっていることが多いです。

なぜかは分かりませんけどね。(笑)

まとめ

・資格試験は体験記を調べると一通り流れがつかめて便利

・問題集には相性がある

・大学が受験会場の時は注意

 

以上です。いかがだったでしょうか。

資格試験は本当に楽しいです。成果が目に見えるため達成感があり、短期間で専門的な知識が身につく点が良いところですね。

この記事を見た方の資格取得の力になれれば幸いです。

それでは。

資格
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました