つみたてNISAとは?具体的な銘柄を含め解説!

お金

こんにちは。あう(@shibafu_aoi)です。

つみたてNISAを始めたい方や、始めたての方はどんな投資信託を購入すれば良いかお悩みかと思います。

今回は投資信託の選び方とともに、具体的な銘柄も紹介したいと思います。

また、今から始める方にオススメの方法も載せておくので参考にしてください。

この記事のポイント

・基本はインデックスファンド

・分散されている商品ほど値動きは小さい

・楽天カードで積立がお得

※この記事では、投資をしている銘柄を紹介していますが、利益を保証するものではありません。投資は自己責任です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つみたてNISAとは

少額投資非課税制度であるNISAの長期投資用の仕組みです。

つみたてNISAは年40万円までの購入であれば、得た利益から税金が引かれないため非常にお得な制度になっています。

また、つみたてNISAで購入できる投資信託は、金融庁の非常に厳しい基準をクリアしたものになっているので、初心者でも安心です。

ちなみに、購入できる投資信託の数は口座を作る金融機関によって異なり、ネットの証券会社なら約130種類、メガバンクなどで約10種類といったところです。

投資信託の選び方

投資信託の種類を大きく分けると2種類で、インデックスファンドアクティブファンドの2種類になります。

インデックスファンド

インデックスファンドは、主な株価指数(日経平均株価、NYダウなど)に連動するように設計された商品です。

市場全体に投資できるため、比較的リスクが抑えられる上、手数料が安く(0.1%程度)抑えられているのが特徴です。

アクティブファンド

アクティブファンドは、投資のプロがよりよい投資先を探し運用する商品です。

人が投資先を選び運用するため、手数料が高く(安くて1%ほど)、過去のデータでは、長期にわたり運用した場合、インデックスファンドに勝てるものはほとんど無いとされています

あう
あう

特にこだわりが無い場合はインデックスファンドを選びましょう!

つみたてNISAでおすすめの投資信託

前提として、つみたてNISAは今お金を増やす投資ではなく、長期にわたり積み立てて将来必要なタイミングで受け取る投資です。

そのため、受け取るときに大きく成長していそうな国や地域に投資する必要があります。

米国

米国は現在先進国でありながら経済成長をし続けている国です。米国株を選ぶのはベストに近いベターな選択といったところですね。

米国株に投資する場合のオススメ投資信託は以下の3つです。

米国株のおすすめ投資信託

・楽天全米株式インデックスファンド(楽天VTI)

・SBIバンガードS&P500インデックスファンド

・eMaxis Slim米国株式(S&P500)

※はSBI証券でのみ購入可能

SBI証券[旧イー・トレード証券]

米国株に投資したい場合はこの3つのうちどれかを選べばOKです。ちなみに、S&P500はアメリカを代表する銘柄(Apple、Microsoftなど)を集めた指標です。

日本

日本は、皆さんもよくご存じだと思いますが、経済が成熟しほとんど成長が止まっている国です。

ただ、今後もこのままとも限りませんし、日本円で運用するため為替によるリスクがない点は優秀です。

日本株に投資する場合のおすすめ投資信託は以下の2つです。

日本株のおすすめ投資信託

・ニッセイ日経225インデックスファンド

・ひふみプラス(アクティブファンド

ひふみプラスはアクティブファンドですが、非常に良い運用成績を出していることや、日本のような低成長の国の場合全体に投資していてもあまり期待できないという考えからオススメしています。

新興国

新興国は、中国や南アフリカなどのこれから大きく成長しそうな国の総称です。

成長が期待できますが、現状リスクも大きいので値動きが激しくなっています。そのため、集中投資はあまりオススメしません。

また、中国の例から見て経済成長しても株価が上昇するとは限らないと言われているので、想像以上にリスクがあるのではないかと思います。

新興国株に投資する場合のおすすめ投資信託は以下の2つです。

新興国株のオススメ投資信託

・eMaxis Slim新興国株式インデックスファンド

ヨーロッパ

ヨーロッパは、先進国というくくりの投資信託に含まれていますが、そのような商品は、基本的に50%以上が米国株になっています。

後述する全世界株式の投資信託から日本株と新興国株を除いたものだと考えると良いかもしれません。

ヨーロッパのみに投資するものは、ほとんどありませんし(SBI証券で確認したところ1つのみ)、投資先としてメジャーじゃないので手数料も高く微妙です。

先進国に投資するなら以下の投資信託がおすすめです。

先進国株のおすすめ投資信託

・eMaxis Slim先進国株式インデックスファンド

全世界

文字通り全世界の株式に投資する投資信託です。

配分としては、時価総額の大きさの順で振り分けるように設計されているものがほとんどです。そのため、米国株が約60%を占めています。

世界の情勢が変わり、大きく成長するような国が出てきたときには勝手に配分を変えてくれるため、全世界型の投資信託は初心者の方にかなりオススメです。

あう
あう

投資先に悩むなら、まずは全世界型の投資信託で良いと思います。

全世界型のおすすめ投資信託は以下の2つです。

全世界のオススメ投資信託

・eMaxis Slim新興国株式インデックスファンド

・楽天全世界株式インデックスファンド(楽天VT)

僕の投資している投資信託

僕がつみたてNISAで投資しているのは以下の投資信託です。

投資先一覧

・SBIバンガードS&P500インデックスファンド 65%

・eMaxis Slim新興国株式インデックスファンド 15%

・ひふみプラス 10%

・eMaxis Slimバランス(8資産均等型) 10%

今から始める方へ

全くの投資未経験で、これからつみたてNISAを始めたい方は以下のようにすると失敗しません!

つみたてNISAをはじめるなら

・楽天証券で口座を開設

・楽天カードで積立設定する

・楽天全世界株式インデックスファンドを毎月3万3千円積み立てる

楽天カードで積み立てると、積立額の1%が楽天ポイントでもらえます。1%のリターンが確定している状態ですね。

楽天カードで積立が出来るのは楽天証券だけなので、口座開設時は他の証券会社で始めないよう注意してください。

楽天カードをお持ちでない方は以下のリンクからどうぞ。

まとめ

・つみたてNISAはかなりお得な制度

・基本はインデックスファンド

・悩んだら全世界型の投資信託

・楽天カードで積み立てるとポイントバックがある

以上です。いかがだったでしょうか。

つみたてNISAは現状かなりお得な制度で、もはややらなきゃ損なレベルです。

周囲に相談できる方がいないと不安かもしれませんが、あなたが第一人者になるくらいの気持ちで始めましょう。

日本だと3%位の人しかつみたてNISAを利用していないそうなので、しかたないですけどね(笑)

この記事を読んだ方の資産運用がうまくいくことを祈っています。

それでは。

お金
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あうをフォローする
となりの芝生はとても青い

コメント

タイトルとURLをコピーしました